”NEW BERET”

こんにちは。

THE H.W. DOG&CO. 遠藤です。

 

本日もオンラインショップでの買い物の際、参考となるよう帽子の紹介をしていきます。

 

本日ご紹介するのはDー00421/CR6300

カラーはBLACKのワンカラー

サイズもワンサイズとなっております。

 

 

今回制作したベレー帽はDOGではあまり作ることのない、チョボ付きになっております。一般的には、天井にチョボが付くモノを”バスクベレー”付かないものを”アーミーベレー”と呼び分けたりもします。チョボが付かないモノは1940年代、第2次世界大戦以降に広く被られるようになりましたがチョボ付きのモノは、ナポレオンが生きた15〜16世紀に普及したと言われています。一見、飾りのように思われるチョボですが、実はこれはベレーを作る工程で、どうしても出来てしまうものであり、チョボなしのベレーではチョボをカットした後、綺麗に加工されています。当時は農民たちの多くが被っていたので、チョボには、手が汚れていてもチョボを持ち、帽子を汚さずに被れるという意味合いもあったみたいです。

 

サイズ感、ボリューム感としては、DOGの定番として出しているウールのベレー2型よりも小ぶりなベレーとなっています。右がD-00022/BERET、中央がD-00219/BASIC BERET、写真左側のベレーが今回のモノです。大ぶりなベレーが苦手な方や、女性の方にも被りやすいサイズ感かと。

 

素材はコットン100%で多少の厚みはあり、少し暑そうな印象を受けた方もいるかもしれませんが、小さくメッシュになっているため、夏場でもかなり通気性良く、涼しく被っていただけるかと思います。

 

実際に被るとこういった感じです。被っている分にはメッシュは目立ちませんし、小ぶりなことでスッキリ被れるかと思います。これからの季節、重宝することは間違いないので、店頭に立ち寄った際は是非お試しください。

 

本日ご紹介したD-00421/CR6300はオンラインショップに掲載しておりますので、お時間あれば是非ご覧ください。商品についてのお問い合わせもお電話、メール、インスタグラムのDM等で受け付けておりますのでお気軽にご相談ください。

 

最後までお付き合いいただきありがとうございます!

THE H.W. DOG&CO. 遠藤

”SAFARI 2020.8”

こんにちは。

 

THE H.W. DOG&CO 遠藤です。

 

雑誌”SAFARI”8月号(P69)「夏着こなしにショーツの登板機会がアップ!」といったテーマでご掲載いただきました。

 

今回ご掲載いただいた帽子はD-00004/TRUCKER CAPです。

カラーはBLACK/NAVY/KHAKI/BEIGE/WHITE/BROWN/INDIGO/CAMO

サイズはワンサイズとなります。

※素材の関係上INDIGO、CAMOの2カラーは値段が異なります。

 

こちらは1970年代、アメリカで流行したトラッカーキャップをベースに制作いたしました。当時はフロント部分に企業のロゴなんかがプリントされていて、ワークマン達が作業着として着用していました。そのため、あえて色落ちしやすい生地を使用し、長く使うことで味が出るため、被りがいのあるキャップとなっています。左側が約1年ほど着用したモノ、右側が新品のモノです。ツバの動きもつけやすく、自分好みの角度にして頂けるかと。

 

今回アメリカの俳優”ジェシー・メトカーフ”に見習ったショーツを使うコーディネートに取り入れて頂きました。当店の帽子にヴィンテージ、ヘリテージのイメージのイメージを持つ方は少なくないと思いますが、ジャンル問わず被っていただける帽子になっております。スニーカーに白の無地Tと、シンプルかつラフなスタイルにも取り入れやすいかと。カラーバリエーションも多いため、お似合いになるカラーを見つけて頂けるのではないでしょうか。

 

 

本日ご紹介したD-00004/TRUCKER CAPはオンラインサイトに載っておりますので、お時間ある方は是非ご覧ください。商品についてのお問い合わせもお電話、メール、インスタグラムのDM等で随時受け付けておりますのでお気軽にご相談ください。

 

最後までお付き合いいただきありがとうございます!

THE H.W. DOG&CO. 遠藤

”CAMO TRUCKER CAP”

こんにちは。

THE H.W. DOG&CO. 遠藤です。

 

本日もオンラインショップでの買い物の際、参考となるよう商品の紹介をします。

本日ご紹介するのはD-00004-K/TRUCKER-KAMO

DOG当初から作り続けているD-00004/TRUCKER CAPにカモ柄が加わりました。

 

ミリタリーのイメージが強いカモ柄、初めて軍で使用したのが1914年、第一次世界大戦の頃のフランスで会ったと言われていて、一人の画家の提案から始まったと言われています。その時代の画家は様々なカモ柄をデザインするために軍に起用されていたらしいです。その後すぐにイギリスなど近隣のヨーロッパ諸国に伝わり、第2次世界大戦の時には多くの国で使われていました。雪上戦の際なんかにはスノーカモといって真っ白な洋服に身を包んでいます。今ではファッションに取り入れている方も多いですね。

 

今回制作したカモ柄のトラッカーですが、写真のように1つ1つ柄のパターンが異なるため、まったく同じ柄が存在しません。いくつか見比べ、自分の中でしっくりくるモノをお選びいただければと思います。また、トラッカーキャップはカラーに合わせ、アメリカンアジャスターの色を変えているんですが、今回は帽子のカラーであるカモ柄によく馴染むようブラックを採用致しました。

 

実際に被るとこういった感じです。ミリタリー好きな方にはもちろんのこと、普段シンプルなアイテムが多い方は帽子をアクセントにしてみてはいかがでしょうか。

 

本日ご紹介したD-00004-K/TRUCKER-KAMO はオンラインストアに掲載しております。D-00004/TRUCKER CAPもお時間あればご一緒にご覧ください。商品についてのお問い合わせもお電話、メール、インスタグラムのDM等で随時受け付けておりますのでお気軽にご相談ください。

 

最後までお付き合いいただきありがとうございます!

THE H.W. DOG&CO. 遠藤

”WASH ROLLCAP MESH”

こんにちは。

THE H.W. DOG&CO. 遠藤です。

本日もオンラインショップでの買い物の際、参考となるよう帽子の紹介を行います。

 

本日ご紹介するのはこちらです。

Dー00423/WASH ROLLCAP MESH 

カラーはBLACK/ORENGE/IVOLY

サイズはワンサイズとなります。

 

こちらは洗うことのできる帽子になります。通常、帽子は型崩れなどの原因となるため、洗うことができないのですが、こちらは洗濯機、手洗いが可能となります。洗濯機で洗う場合はネットに入れ脱水をし陰干し。手洗いの場合は、バケツや洗面台にぬるま湯を貯め、中性洗剤を溶かし30分程度のつけ置き洗いをしていただき、絞って水気を切り陰干し。陰干しする際は、形を整え、平らな状態で陰干しをしてください。DOGの帽子のほとんどに付く犬タグですが、今回のモノは耐水性のある紙タグを使用しているため、そのまま洗っていただけます。

 

注意点としては、.轡錣箏進れが気になる場合は、なるべく手洗いをお勧めします。日なたで干すと、日焼けによる帽子の変色の可能性があるため、陰干しをお勧めします。シワや型崩れの原因となるので、陰干し前に形を整えてあげてください。

 

 

帽子の形としては、6枚剥ぎのロールキャップです。1900年〜1930年代のヨーロッパで、漁師が古くから被るFISHERMAN CAPをベースに制作しています。こちらは実際に当時使われていたもので、ウールでシコロが付きのモノになります。船の上での強風で帽子が飛ばないようツバがなく、風の音が大きい中でも船員同士会話のできるよう浅く耳が出るような形になっています。

 

DOGでは今回、メッシュ素材で制作しています。メッシュキャップなどとは違い、光に当てると画像のようにメッシュであることが分かり、普段被っている分にはほとんど目立ちません。素材感、軽さ等、これからの本格的に暑さに向け、かなり重宝するかと思います。

 

また、DOGでは被りやすさを考え、少し深めの作りに。後ろにはえぐりを入れ、サイズ調整できるようアジャスターをつけています。そのため、ワンサイズとなり、基本的にはどんな方でも被っていただけます。ニットキャップに近いイメージで被っていただけるかと。夏場、暑さを考慮し、ニットキャップを敬遠する方は少なくないと思うので、そのような方でも気にせず被っていただけます。

 

実際に被ってみるとこういった感じです。定番で合わせやすいカラーはブラックですが、オレンジ、アイボリーと夏らしいカラーもご用意あるので挑戦してみてはいかがでしょうか。

 

本日ご紹介したD-00423/WASH ROLLCAP MESH は6月26日(金)19時からの発売となります。洗えるキャスケット帽D-00414/WASH COTTON CASもお時間あればご一緒にご覧ください。 商品についてのお問い合わせもお電話、メール、インスタグラムのDM等で随時受け付けておりますのでお気軽にご相談ください。

 

最後までお付き合いいただきありがとうございます!

THE H.W. DOG&CO. 遠藤

”WASH COTTON CAS”

こんにちは。

THE H.W. DOG&CO. 遠藤です。

 

本日もオンラインショップでの買い物の際、参考となるよう帽子の紹介を行います。

本日ご紹介するのは、Dー00414/WASH COTTON CAS です。

カラーはBLACK/GRAY/BEIGE

サイズは36/38/40となります。

 

こちらの帽子は洗うことができる帽子になります。通常、帽子は型崩れなどの原因となるため、洗うことはできないのですが、こちらは洗濯機、手洗いが可能となります。洗濯機で洗う場合はネットに入れ脱水をし陰干し。手洗いの場合は、バケツや洗面台にぬるま湯を貯め、中性洗剤を溶かし30分程度のつけ置き洗いをしていただき、絞って水気を切り陰干し。陰干しする際は、形を整え、平らな状態で陰干しをしてください。DOGの帽子のほとんどに付く、犬タグですが、今回のモノは耐水性のある紙タグを使用しているため、そのまま洗っていただけます。

 

注意点としては、ー蠕いの際、天井のボタンが硬く絞りすぎると、外れてしまう恐れがあります。▲轡錣箏進れが気になる場合は、なるべく手洗いをお勧めします。Fなたで干すと、日焼けによる帽子の変色の可能性があるので、陰干しをお勧めします。ぅ轡錣入りやすく、形が崩れやすいので、陰干し前に形を整えてあげてください。

 

帽子の形としては8枚剥ぎのキャスケット帽になります。ワンウォッシュしてあるため、程よいシワ感があり、男らしい雰囲気に仕上がっております。深さとボリュームがあるため、ホールド感があり、サイドのボリュームは比較的少ないため、キャップに近いようなイメージで被っていただけるかと思います。ツバも長すぎず、短すぎずと、ハンチング帽を被り慣れていない方でも被りやすいかと。また、薄手のコットン生地ですので、これからの暑い時期、重宝して頂けると思います。

 

元々は貴族が趣味でスポーツをする際に被られ、そこから労働階級に広がったと言われるハンチング帽。ジャケットなどでフォーマルめに合わせるもよし、無骨なワークスタイルに合わせてもよしと、ジャンル問わず合わせやすいかと思います。70年代のアメリカ映画”スティング”ではハンチングをフォーマルなスタイルに合わせています。

 

実際に被るとこんな感じです。薄手のコットンで洗うことができるため、夏場、汗をかくため帽子を避けられている方なんかには特におすすめできる帽子となっております。

 

本日ご紹介したD-00414/WASH COTTON CAS は本日19時よりオンラインストアで発売致しますので、お時間あればぜひご覧ください。商品についてのお問い合わせもお電話、メール、インスタグラムのDM等で随時受け付けておりますのでお気軽にご相談ください。

 

最後までお付き合いいただきありがとうございます!

THE H.W. DOG&CO. 遠藤

”LINEN BERET”

こんにちは。

THE H.W. DOG&CO. 遠藤です。

 

本日もオンラインショップでの買い物の際、参考となるよう新作の紹介を行います。

 

本日ご紹介するのは、D-00419/6300-LINE です。

カラーはBLACK/NAVY/GRAY/BLACK MIX/BEIGE MIX

サイズはワンサイズとなります。

 

DOGではベレー帽をウールやペーパー、メッシュ素材などで出してきましたが、今回はリネン100%で制作いたしました。リネンと言えば夏の定番であり、少し光沢があり高級感のある見た目や、コットンやウールよりも強度があるのが特徴です。また、通気性良く、乾きやすいため、これからの時期、重宝するかと思います。

 

今回制作したリネンのベレーはDOGの定番であるDー00219/BASIC BERETと同様のサイズで、前回ご紹介したペーパーベレーと比べ1回り小さく、よりベーシックなサイズ感となります。そのため、被り慣れてない方でも被りやすいサイズ感かと思います。また、ペーパー素材と比べると、少し重みのある見た目をしています。左がペーパーベレー、右が今回ご紹介するリネンのベレーになります。

 

DOGでは単色が多いベレー帽ですが、今回、黒と白の糸で縫製されたBLACK MIX、ベージュと白で縫製されたBEIGE MIXといったカラーもご用意しております。すでに何色かベレーをお持ちの方でも、新鮮な気分で被っていただけるのではないでしょうか。

 

数々の歴史上の人物に愛されたベレー帽ですが、誰もが一度は目にしたことがあるであろう、キューバ革命の指導者、チェ・ゲバラが少し小ぶりなベレー帽を被っていたのが印象的です。彼が被ったことから、今でも革命のシンボルとして、世界中でベレー帽が被られています。彼の被るベレーのように、ピンズや缶バッチなどの装飾品をつけて被るのもいいですね。店舗ではヴィンテージの缶バッチも販売しているので立ち寄った際には是非そちらもご覧ください。

 

実際に被るとこんな感じです。

 

本日ご紹介したD-00419/6300-LINEは6月19日(金)19時からオンラインストアに掲載いたしますので、お時間あれば是非ご覧ください。商品についてのお問い合わせもお電話、メール、インスタグラムのDM等で随時受け付けておりますのでお気軽にご相談ください。

 

最後までお付き合いいただきありがとうございます!

THE H.W. DOG&CO. 遠藤

”PANAMA HAT”

こんばんわ。

THE H.W. DOG&CO 遠藤です。

 

本日もオンラインショップでの買い物の際、参考となるよう、帽子の紹介を行います。

 

本日ご紹介するのはDー00406/PANAMA HAT です。

カラーはNATURAL/BLACK/OLIVE

サイズは34/36/38/40 の展開となります。

 

前回ご紹介したD-00405/TEARDROP PANAMAと比べ、クラウンが高くなり、その分ブリムも広く取りバランスを取っています。また、深めな作りになっているため、ホールド感を感じられるかと。今回も前回同様、エクアドル産の本パナマを使用しているため、すべり裏には刻印が入ります。前回ご紹介したモノと比べるとこんな感じです。

 

パナマハットにはグレードがあり、1インチ四方の中にどれだけ繊維が詰まっているかで決まり、グレードが高いものほど高級になります。今回ご紹介するパナマハットのグレードは10で、低いモノだと2〜3のモノからあり、10を超えてくると薄さや軽さ、丈夫さがあり高級なパナマハットと位置づけされます。また、グレードが高く網目が細かいことで、しなやかさが出て、被り心地の良いパナマハットに仕上がります。

パナマハットは、材料であるトキヤ草が油分が多く染まりづらかったり、日よけのためだったりで、ホワイトやナチュラルといったカラーがメインなんですが、今回DOGでは、ブラックやオリーブといった少し珍しいカラーでも制作いたしました。既にホワイトやナチュラルといったカラーをお持ちの方は、ブラックやオリーブといった濃いめのカラーも是非ご検討してみて下さい。

 

 

今回は少し変わって、パナマハットが登場するヨーロッパ映画をご紹介します。帽子ブランド”ボルサリーノ”の名をそのままとった1970年公開の映画”ボルサリーノ”です。ボルサリーノの名が世界へと知れ渡るきっかけとなった映画なんですが、作中、フェルトハットやハンチングなど様々な帽子が出てくるので当時のリアルな被り方や服装を見れるため、参考になるかと思います。その中でも、作中、主演の”ジャン=ポール・ベルモンド”がパナマハットを被っているのが印象的です。当時らしい、このようなドレスアップしたスタイルに合わせるのも素敵ですね。

 

もちろんラフTシャツ1枚で合わせて頂いても。

 

本日ご紹介したDー406/PANAMA HATは本日よりオンラインサイトで発売しておりますので、お時間あればぜひご覧ください。商品についてのお問い合わせもお電話、メール、インスタグラムのDM等で随時受け付けておりますので、お気軽にご相談ください。

 

最後までお付き合いいただきありがとうございます!

THE H.W. DOG&CO 遠藤

”AGS BB CAP”

こんにちは。

THE H.W. DOG&CO 遠藤です。

 

本日もオンラインショップでの買い物の際、参考となるよう帽子の紹介を行います。

 

本日ご紹介するのはD-00396/AGS BB CAP です!

カラーはBLACK/BEIGE/GREEN

サイズは34/36/38/40 の展開となります。

 

こちらの帽子、元ネタは1870年代、大リーグが正式に始まる以前に考案された、その当時一般的であった円筒上に横縞模様のピルボックスキャップと呼ばれる野球帽です。その当時、野球の際に被る帽子は明確には決められていなかったものの、初めは麦わら帽、次にピルボックスキャップ、そして現在のような野球帽と変化してきました。近年だと大リーグの数チームがリーグ100周年を記念し1976年に採用していたり、日本の高校野球においても、全国で2校のみ使用しているので野球好きの方などは見かけたことがあるかもしれません。こちらが当時の野球選手。今とはユニフォームの形状も少し異なります。

 

近年だと、大リーグの”ピッツバーグ・パイレーツ”というチームが1976年から10年間このピルボックスキャップを復刻させました。その当時弱かったこのチームでは、好プレーをした選手のキャップにワッペンを取り付け、チームを活性化させることで強いチームに成長したなんて話も。馴染みがないかもしれませんが、実は日本のプロ野球でも1979年のオールスターゲームでのみ使用されたりなんかも。

 

 

そんな歴史ある野球帽、DOGでは当時らしいデザインの横縞模様、現代のキャップではあまり見かけない短めのツバを採用し当時の野球帽らしいデザインとなっています。おそらくチーム分けの際に使えるよう、当時の野球帽はリバーシブルになっているものがあり、そこも忠実に再現し、リバーシブル生地で制作いたしました。こちらが元となる野球帽。


どこかサイクリングキャップのような雰囲気があり、通常サイクリングキャップはナイロン素材のためアメカジやヴィンテージとは合わせづらいですが、DOGでは肉厚なコットンツイル素材で作っているため、そのようなファッションにも合わせやすいかと。なので自転車によく乗られる方にもお勧めの帽子となっています。

 

本日ご紹介させていただいたDー00396/AGS BB CAPの発売に関しては日を追ってインスタグラム等で告知させていただきますので、もう少々お待ちください!商品に関してのお問い合わせもお電話、メール、インスタグラムのDM等で随時受け付けておりますので、お気軽にご相談ください!

 

最後までお付き合いいただきありがとうございます!

THE H.W. DOG&CO 遠藤

”PAPER BERET”

こんにちわ。

THE H.W. DOG&CO. 遠藤です。

 

本日もオンラインショップでの買い物の際に参考になるよう帽子の紹介を行います。

 

本日ご紹介するのは

D-00322/PE6200-20SSです。

カラーはBLACK/BEIGE/C,GRAY/KHAKI/NAVY/INDIGO/BROWNの7色展開。

サイズはワンサイズとなっております。

 

今回DOGではベレー帽をペーパー100%で制作いたしました。ペーパーと言ってもコピー用紙などの洋紙でなく和紙を素材としています。紙と聞くと生地の丈夫さ等に不安を覚えるかもしれませんが、そもそも和紙は堅い木の繊維からできているため、ある程度硬さのある帽子になります。DOGの定番で出しているD-00022/BERETと同じく、通常のベレーより一回り大きめなサイズ感のため、ボリューム感があり左右に倒したとき、より綺麗にシルエットが出るかと思います。

 

ぺーパー素材のため、軽く、通気性が良く、これからの季節には使いやすいかと思います。また、和紙にはUVカット効果があるなんて言われているので、そういった面でもこれからの季節活躍するかと。実際に被ってみるとこんな感じです。

ベレー帽が軍で採用されていた歴史には以前書かせていただいたので、今回はベレー帽を愛用していた偉人を紹介していきます。

画家ではピカソやロダンが被っているのが代表的です。なぜ画家にベレー帽が愛用されていたかは分かりませんが、有名な方を真似て皆が被るようになったのか、風景を描く際に視界の邪魔にならないようになんて言われています。

 

こちらの60年代のアメリカ映画「俺たちに明日はない」では30年代、世界恐慌時代のファッションが再現されていて、フェイ・ダナウェイという女優がベレー帽を被ったことから、アメリカ女性に爆発的に売れたとか。

 

スペインとフランスの国境であるバスク地方発祥と言われる現代のベレー帽。現代では中央にチョボが付いているモノを”バスク・ベレー”と呼ぶくらいそれが浸透しています。しかし本当は隣のベアルヌ地方が発祥で、かの有名なナポレオン3世がバスク地方に訪れた際、大多数の人々がベレー帽を被っていたのを見て、それが広まり、バスク地方発祥と勘違いが起こったと言われています。実は今でもベレー帽が描かれる絵画なんかが発見されることがあるらしく、ベレー帽の歴史はまだまだ更新されていくのかもしれません。

 

 

本日ご紹介したD-00322/PE6200-20ssは、本日19時からオンラインショップに掲載されていますので是非ご覧ください!商品についてのお問い合わせもお電話、メール、インスタグラムのDM等で随時受け付けておりますのでお気軽にご相談ください!

 

最後までお付き合いいただきありがとうございます!

THE H.W. DOG&CO 遠藤

”HAT CARE”

こんにちわ。 

THE H.W. DOG&CO 遠藤です。

 

本日は店頭、オンラインで販売しているハットのケア用品について少しご紹介していきます。

 

まずはD-A00007/HAT BRUSH

こちらは馬のタテガミを使用。靴磨きの際によく使われる、柔らかい馬毛や少し硬めの豚毛とも違く、その中間くらいの程よいコシと柔らかさを持っていると言われている毛質です。そのためハットを傷つけることなくご使用いただけます。クラウンの曲線に合うよう、アールがかった形になっているため、通常のブラシより細部にわたってのブラッシングが可能となっております。

 

持ち手はDOGのカラーでもある、グリーンで染色した木製で、ブランド名やDOGの”THE CASE FOR BEING RECKLESS(無茶を恐れるな)”といったテーマ等が抜きで彫られています。持ち手裏側には店舗の住所、表側には”YOU PAY"で使うような手のマークが記載され、少し遊び心もあるデザインとなっています。

 

実際にブラッシングする際はハット自体が反時計回りで作られているので、それに合わせ反時計回りでブラッシングを行います。同様にツバ裏も反時計回りで。天井は後ろから前にブラッシングして頂ければと。

 

 

次にご紹介させていただくのはD-A00001/HAT MIST

現存する世界最古の薬局"サンタマリアノヴェッラ"で作られる、フィレンツェの丘に自然に咲く草花や植物の実、樹脂から作られるポプリがあるのですが、それに近い香りを再現しました。程よい甘さ、スパイシーさがある上品な香りとなっております。

※消臭効果を含むため、アルカリ性が多く含まれます。そのため、香水のように香りの継続はしません。


こちらは、スキンケアブランド「リンクオリジナルメーカーズ」と共に作り上げ、パッケージデザインは国内唯一のグラスサイン製作者である「グラスサイン」に製作して頂いております。


近頃、気温もだいぶ上がってきたので、おそらく帽子をかぶる際は汗をかく方がほとんどかと思います。そのまま放置してしまうと臭いの原因となるので、このような消臭スプレーは1つあると重宝するかと思います。こちらは帽子以外にも衣類全般に使っていただけます。

 

 

 

 

これからの時期、梅雨で湿気が強くなったり、汗ですべりが劣化したりと、日頃からの帽子のケアが大切になってくるかと思います。本格的な暑さに入る前に、少しお持ちの帽子を気にかけてみてはいかがでしょうか。

また、当店では型直し、すべり交換等の修理も行っているので、既にすべりが劣化してしまっていたり、ツバが歪んでしまっていたりという場合は是非お電話、メール、インスタグラムのDM等でご相談ください。HPの方にも帽子のケア方法や、修理の際のお値段等記載しておりますのでご覧になってみてください。

 

最後までお付き合いいただきありがとうございます!

THE H.W. DOG&CO 遠藤